◆高山病について

1,高山病とは
標高が高くなるにつれ、気圧は下がり、大気中の酸素濃度が低下していきます。そのため、血中の酸素濃度も低下します。
富士登山で起こる高山病は、「急性高山病」と呼ばれるもので、普段の生活から急に高地に行くことで起こります。
つまり高山病とは、低圧・低酸素に身体が順応できずに、主に「酸素の不足」を原因として起こる様々な症状のことなのです。

※高山病は、誰にでも起こる可能性があります。

2,発症する高度
発症する高度は人によって違いますが、一般的には、標高2000メートル程度から発症します。また、その時の身体の状態、年齢などによっては1500メートル程度でも発症するとされています。

3,主な症状
富士登山において起こる高山病は、通常「山酔い」と呼ばれる「軽度の高山病」です。これは、「頭痛、倦怠感、吐き気、食欲不振、めまい、耳鳴り、睡眠障害など」といった、風邪や二日酔いに似た症状を引き起こします。
また、高山病の怖いところは、「山酔い」だけではなく、山酔いが重症化することで、「高地脳浮腫」や「高地肺水腫」といった「重度の高山病」を引き起こし、非常に稀にですが危険な状態に陥ることがあるという点です。

※くれぐれも症状を甘く見て、無理をすることが無いように気をつけましょう。

4,予防法
これは、あくまでも発症する「確率を下げる」だけのものです。下記の内容を守ったからといって、「絶対に高山病にならないということはありません」。

〜五合目
・前日には、睡眠をしっかりと取り、登山当日に疲れを残さないようにする。
・まずは、五合目で高地順応のため、1時間くらい過ごす。

登山中
・オーバーペースにならないように、意識してゆっくりとしたペースで登る。
・歩いては休み、歩いては休み、休憩を取りながら登る。
・呼吸が浅くならないように、深く大きく呼吸するように気をつける。
・水分を普段より多く、マメに摂取することで、血液により運ばれる酸素が、効率よく行き渡ります。
・飴玉などで、糖質(炭水化物)を適度に摂取する。

その他
・身体を冷やさないように、保温を怠らないようにする。
・腹部を締め付けないように、ズボン・リュックのベルトに気をつける。
・暴飲暴食は避け、消化器系の負担を減らすように心掛ける。
・必要な酸素量を増やさないためにも、余計な運動は避けるようにする。
・心配に思われる方などは、「簡易酸素ボンベ」を用意しておくのも一つの手段です。
・途中の山小屋で長めの休憩を取り、時間をかけて身体を高度の順応させるのも有効です。
・最後に、高山病を必要以上に、気にしないということが大切です。

※お子様連れの方は、お子様の登山のペース、体調不良を起していないかなど、気をつけるようにしてあげてください。

※アルコールの摂取 ・ 睡眠薬の内服は、呼吸を抑制し、充分な酸素を体内に取り入れることを阻害します。高山病の悪化にも繋がるので、注意しましょう。


※女性の方で、生理の際に登山をする場合、「鉄不足を原因とした貧血」を起される方は、事前に鉄を補充するようにしましょう。
また、妊娠中の女性は、横隔膜があがった状態のため、呼吸数の増える高地では「過呼吸」を起しやすく、高度の急激な変化により「自然流産の可能性」が上がるということが考えられます。妊娠中の女性の登山はあまりお勧め出来ません。

5,もしも発症したら
どんなに軽い症状でも気付いたら、その場所より高度を上げないようにし、症状が完全に回復してから登ります。
症状の改善がみられない場合は下山しましょう。絶対に無理は禁物、下山する勇気も大切です。

※頭痛薬などの薬を飲み、それにより症状が治まる場合があります、しかし、酸素の欠乏が改善された訳ではありません。高山病であることを認識し、薬の効果が無い状態で症状が治まるまで、登ることはやめましょう。

6,持病、既往症
高山病は、誰にでも起こる可能性があります。しかし、下記のような持病、既往症のある方は、ほかの人より注意が必要です。

・うっ血性心不全
・慢性閉塞性肺疾患(肺気腫・慢性気管支炎など)
・呼吸不全
・高血圧
・貧血
・その他、呼吸器系、循環器系の疾病など

このような症状に当てはまる方は、担当の医師や、かかりつけの病院にて、事前に診察、相談をしておきましょう。

7,いざというときは
鎌岩館のすぐ下には、7月15日〜7月17日、7月22日〜8月26日までの期間、「山梨県富士山救護所」があります。
病気やケガをしたときには、救護所のお医者さんに診てもらいましょう。


戻る